田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 9月号

8月3日(水)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

薪ストーブ付きのきれいな3LDKが600万円!大雪山と満天の星を眺めよう【北海道津別町】

掲載:2021年11月号

2021年9月上旬の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!→津別町空き家バンク

道の駅「あいおい」から車で約6分。広大な畑の間を縫う道にぽつんと現れる家。6年前にリノベーションされたきれいな状態で、補修不要。薪ストーブと家具も付いている。女満別空港から物件へは車で1時間ほどなので、二拠点居住にもオススメだ。

田舎不動産

津別町相生地区の、国道から少し入ったところに立つ家。道の駅「あいおい」から車で約6分。

津別町

周囲には民家も商業施設もなく、夜は真っ暗になる。その代わり、星空がきれい!

津別町

北海道の東部、オホーツク圏の内陸部に位置する。総面積は約717㎢と全道屈指の広さで、その約86%を森林が占める。東京から女満別空港へ飛行機で約1時間50分、女満別空港から津別町中心部へ車で約30分。

別荘として定期的に利用中!家具・薪ストーブ付き

 津別町の南部、相生地区。周りを畑に囲まれ、晴れた日には遠く大雪山まで望める絶好のロケーションに立つ家が、空き家バンクに登録された。

 高台にあるので周囲を360度見渡すことができ、周囲に民家や商業施設がないため夜は満天の星を見ることができる。

 建物は築26年だが、2014年にリノベーション済みで外観・内装ともにとてもきれいな状態だ。別荘として定期的に使われているため、水回りなどの不具合もない。

 20畳のリビングは7畳半の対面式キッチンとつながっており、広々としている。赤レンガの炉台にはダッチウエストの薪ストーブが置かれており、冬の楽しみになりそうだ。ソファや箪笥、本棚など、状態のよい家具も付いてくるのもうれしい。テレビアンテナはなく、必要なら別途工事が必要だ。

 冬は寒く、マイナス20度になる日もある。雪のシーズンは11月から4月。降雪量は比較的少ないが、気温が上がらないので解けづらく、積雪量は多くなりがち。敷地内の除雪は早めにしておきたい。また、高台という立地がら風が強く、冬の屋外での体感温度はかなり低く感じるだろう。

 スーパー、病院、小・中学校、高校などは津別町の市街地にあり、車で25分前後かかる。物件から車で6分ほどのところに無料の町営バスの発着所があり、子どもはスクールバス代わりに利用できる。

 一度冬を体験してから購入したいという人は賃貸での利用(ペット可、敷金など20万円)も相談できるが、オーナーは売買を優先したい意向があるということだ。急な内覧には対応できないため、必ず事前に空き家バンク利用登録を。

【物件データ】
北海道津別町
600万円
土地:421坪・1392㎡
延床:38坪・126㎡
菜園:あり
取得費補助:最大30万円

3LDK宅地平坦地都市計画区域外●築26年水洗道東自動車道阿寒ICより約70km●津別町市街地から車で約30分のところにある、畑に囲まれた補修不要の家。高台なので景色が360度見渡せる。朝焼け、夕焼け、星空など、一日を通して景色が楽しめる。内覧・契約には事前に津別町空き家バンク利用登録が必要。
●問い合わせ先:津別町空き家バンク ☎︎090-1521-1382

田舎不動産

対面式キッチンとつながったリビング。ソファなどはこのまま利用できる。

田舎不動産

北側の窓からの風景。高台にあるため、強風のときには注意が必要。

田舎不動産

8畳の和室。ほかに8畳の洋室が2つあり、お客さんが来ても安心。

田舎不動産

7.5畳のDK。大きな窓がありとても明るい。つくり付けの収納も多い。

薪ストーブ

ダッチウエストの薪ストーブ付き。煙突の立ち上がりがまっすぐなのも理想的だ。

田舎不動産

ヒーターパネル付きのトイレで冬も安心。

田舎不動産

ゆったりとしたバスルーム。湯は灯油で沸かす。脱衣所が洗面所から独立しているのも便利。

津別町

津別町唯一のコワーキングスペースJIMBA(ジンバ)。カフェやレンタルスペースもある。

津別町魅力紹介

道東のほぼ真ん中に位置

森が豊かな津別町には、森林セラピー®基地「ノンノの森」やキャンプ場があり、トレッキングやカヌーなどが楽しめる。林業も盛んで、崎陽軒のシュウマイの箱やアイス用の木製のスプーンは津別町産。道東の中心部なので、知床や釧路、十勝など、日帰りできる観光地も多い。

クマヤキ

オススメのグルメは、道の駅で販売されている「クマヤキ」。津別町出身の造形作家でイラストレーターの大西重成さんがデザインした。

津別町

道の駅「あいおい」は、自家製豆腐や手打ちそば、町内産オーガニック牛乳を使用したソフトクリームなど手づくり商品が多数。

津別町 物件探しのアドバイス

平屋は希少だが、100万円以下で買えて、DIYで自分好みに改装できるものも多い。空き家バンク物件には賃貸もあるので、購入前に冬を体験してみるのもいい。空き家バンク物件の内覧には、利用登録ならびに事前の予約が必要だ。

津別町移住支援情報

ワンストップ相談窓口あり

移住や起業、空き家利活用に関するワンストップ相談窓口を設置。子育て支援に力を入れており、18歳までの子どもにかかる医療費全額無料、児童手当、乳幼児養育手当など手厚い。町内で起業したい場合、起業支援金のほか、空き家店舗利活用などの加算もある。また、介護保険施設や林業従業者就業に対するサポートも。詳しくはサイト「チャレンジ ツベツ」をチェック。

問い合わせ先:移住・定住サポートデスク ☎0152-77-6081 https://tsubetsu-iju.com

まちの移住ポータルサイト「チャレンジツベツ」で情報発信中。

「移住や起業、リノベーションで盛り上がっているまちです!」と、空き家バンク担当の都丸(とまる)雅子さん。

 

文/はっさく堂 写真提供/津別町空き家バンク

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ