田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 9月号

8月3日(水)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

バス、トイレも快適な800万円の古民家。清流沿いに美しい庭が広がる【兵庫県宍粟市】

掲載:2021年11月号

2021年9月上旬の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!→宍粟市空き家バンク

1000m超級の山が20座以上あるなど、ダイナミックな自然に恵まれた兵庫県宍粟市(しそうし)。移住地としても人気が高く、空き家バンクの紹介実績も高い。トイレや浴室を改修した物件が多いことも人気の要因。南西部の清流沿いの古民家もその1つだ。

田舎不動産

「茅葺きに瓦風鋼板を被せた古民家です」と、住宅土地政策課の寺江進三朗さん(右)。左は物件を仲介する(株)ファースト商事の安井政貴さん。

宍粟市

兵庫県中西部の宍粟市は、県内最高峰の氷ノ山(ひょうのせん)などの山々に囲まれ、渓谷や名瀑、名水が豊富。秋は最上山公園で約3000本のモミジが色づく。北部にはスキー場もある。大阪市内から中国自動車道を経由して車で約1時間30分。

田舎不動産

南向きの縁側に面した8畳と6畳の和室。太い梁や板戸が建物の歴史を感じさせる。

田舎不動産

東側にある洋室は応接間として使われていた。折り上げ天井やブラケットが優雅な印象。

田舎不動産

ダイニングキッチン。床のたわみや収納扉のがたつきが若干気になるかも。奥の和室は居間として使える。

田舎不動産

手すりを設置したユニットバス。トイレや洗面台も含めて快適な仕様に改修済み。

田畑で汗を流しながら、川辺の家で快適ライフ

 かつて城下町としてにぎわい、現在は京阪神〜中国地方を結ぶ中国自動車道と山陰〜山陽を結ぶ国道が交差する、西播磨の要衝の宍粟市山崎町(やまさきちょう )中心部は生活関連施設が並ぶ市街地を形成する一方、少し郊外の葛根(かずらね)地区は落ち着いた空気に包まれる。

「周囲には田園が広がり、目の前に小川が流れる静かな場所です。近くにある農産物・加工品販売所の土万(ひじま)ふれあいの館もオススメ。市街地まで車10分程度で、大阪方面への高速バスの乗り場へは徒歩約7分と、自然あふれる場所でありながら適度な利便性を兼ね備えています」

 そう話すのは、住宅土地政策課の寺進三朗(てらえしんざぶろう)さん。物件から徒歩約6分の隠れた名所、腰痛蔵(こしいたじぞう)には、腰痛に悩む人たちが遠方からも訪れるという。

 矢野川に面する古民家でまず目をひくのが、品よく植木や小さな池を設けた芝生の庭。30坪ほどの広さがあり、道路沿いにそびえるシュロの木が南国のような雰囲気をかもし出す。

田舎不動産

目の前に塀や建物はなく、植栽が彩る庭と森林が見えるのみ。縁側はこれらの景色をひとり占めできる特等席といったところ。

 もとは茅葺きのゆったりとした外観に対し、室内は30坪の5DKとほどよい広さ。西側には和室4室が田の字形に並び、玄関を挟んだ東側にレトロモダンな洋室が設けられている。浴室に追い焚き機能は付いていないものの、温水洗浄機能付き水洗トイレと併せて使いやすく改修済み。室内の床の一部の経年劣化も、すぐに補修すべき深刻な問題ではないだろう。

 庭や小川越しの山を眺めながらくつろげる縁側とともに、魅力のポイントは、周囲の田畑が付いてくること。空気も水も澄んだ土地で、本格的な米づくりや野菜づくりに挑戦できる。

【物件データ】
兵庫県宍粟市
880万円
土地:160坪・529㎡
延床:30坪・99㎡
菜園:1261坪
取得費補助:最大25万円
改修費補助:最大50万円

5DK宅地平坦地都市計画区域外●築年数不詳水洗中国自動車道山崎ICより約11km●山崎町葛根の木造茅葺き亜鉛メッキ鋼板囲いの平屋。南東側に幅約2.5mの舗装公道。葛根西口バス停へ徒歩約4分。家屋倒壊等氾濫想定区域。本年度の改修費補助は受け付け終了。取得費補助は年齢要件などあり。
●問い合わせ先:住宅土地政策課 ☎0790-63-3166

田舎不動産

敷地北側の蔵の前に広がる畑。このほか近隣の田畑も付くが、定住を条件に農地取得の下限面積は1a(約30坪)に引き下げられる(定住者は1a以上の面積なら取得できる)。

田舎不動産

車2台が入るシャッター付きの車庫。見晴らしのよい屋上でのバーベキューも気持ちいい。

宍粟市

食料品の買い出しは車で約15分のイオン山崎店へ。家電量販店や100円ショップなども入っている。

宍粟総合病院

公立宍粟総合病院へは車で約14分。宍粟市を中心とした西播磨全域の幅広い医療を担う。

宍粟市魅力紹介

ふるさとが感じられる森林王国

約9割を森林が占め、「森林セラピー基地®」認定の名所もある宍粟市。「雨の日に標高1000m超級の山々から霧が立ち込める様子や棚田に広がる稲穂をはじめ、何気ない日常に“ふるさと”が感じられます」と寺江さん。清流の揖保川(いぼがわ)はアユの友釣りの発祥地ともいわれる。

ジビエ

オススメのグルメは「ジビエ料理」。 宍粟市は四方を山に囲まれているので狩猟鳥獣が豊富。猪肉はぼたん鍋に適し、煮込むほど軟らかな口当たりに。

国見の森公園

森林セラピーロード認定の国見の森公園。「ハイキングやミニモノレールで山頂へ。自然に親しむ四季折々のプログラムも」と寺江さん。https://www.kuniminomori.jp/

宍粟市空き家バンク 物件探しのアドバイス

「価格にはかなり幅があり、高額なほうが改修済み物件は豊富です。南部の市街地に比べて北部は200万円前後安い傾向も。特に平屋は人気なので、気になる物件を見つけたら早めの行動を」(寺江さん)

宍粟市移住支援情報

家探しや仕事探しを応援

宍粟市では、まちの事情に精通した定住促進コーディネーターを置き、空き家バンクの物件案内や自治会情報の提供といった移住前の幅広い支援はもちろん、移住後のアフターサポートも継続的に提供。また、市役所本庁舎内に無料の仕事相談窓口「宍粟わくわ~くステーション」を設け、求人情報の発信や職業紹介などの就活サポートを行っている。

問い合わせ先:宍粟わくわ~くステーション ☎︎0790-63-3011 https://shiso-wakuwork.net

仕事の相談窓口「宍粟わくわ~くステーション」。求人情報はパソコンやスマホからも閲覧可能。

「住宅取得補助金は夫婦いずれかが40歳以下または子育て世帯などが対象です。」と、住宅土地政策課の寺江進三朗さん。

 

文・写真/笹木博幸

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ