田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 9月号

8月3日(水)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ガリステごはん、ナポリカツ、ニラそばも!【ご当地グルメ案内】青森~群馬編

日本全国の市町村の「味力」をたっぷりとご紹介! 第1弾は東北・関東編。地元の方に愛される自慢の味と風景をお楽しみください。

青森県田子町(たっこまち)の「味力」!

オススメのグルメ「田子ガーリックステーキごはん」

「ニンニクのまち」田子が誇る「ガリステごはん」

日本有数のニンニクの産地である田子町は、畜産や米づくりも盛ん。そんなまちが誇る食材を組み合わせて開発したのが、ニンニクフルコースランチ「田子ガーリックステーキごはん」。創作ニンニク料理やガーリックステーキ寿司で田子の魅力を堪能!

岩手県遠野市(とおのし)の「味力」!

オススメのグルメ「わさびコロッケ」

鼻に抜ける辛さが特徴 

農林業やグリーンツーリズムなどを通じ豊かな自然と共生する遠野市。全国有数の根ワサビ生産地で、鼻に抜ける辛さが特徴の「わさびコロッケ」が人気。写真は高清水展望台から眺める遠野盆地の雲海。気象条件が揃うと見られるかも。

岩手県花巻市(はなまきし)の「味力」!

オススメのグルメ「ナポリカツ」

地元民や観光客に愛される定番 

岩手県 のほぼ中央、西に奥羽山脈、東に北上高地の山々が連なる北上平野に位置する花巻市。マルカンビル大食堂のナポリカツは地元民や観光客に愛される定番メニュー。行列ができるほど人気の東和町名物の松葉商店のたこ焼きも!

宮城県登米市(とめし)の「味力」!

オススメのグルメ「はっと汁」

季節の野菜、肉とともに煮込んだ郷土料理 

NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の舞台の1 つ・登米市。「はっと汁」は水で練った小麦粉を薄くのばし、だしや季節の野菜、肉とともに煮込んだ郷土料理。農薬や化学肥料をできるだけ減らした環境保全米の生産にも力を入れている。

秋田県にかほ市の「味力」!

オススメのグルメ「いちじく甘露煮」

伝統保存食として愛されてきたソウルフード 

秋田県内 では冬も比較的温暖で積雪が少なく、山と海の食やレジャーが楽しめるにかほ市。移住希望者との橋渡し役である「移住リエゾン」によるワンストップ相談支援あり。伝統保存食として愛されてきた「いちじく甘露煮」は、まちのソウルフード。

福島県南相馬市(みなみそうまし)の「味力」!

オススメのグルメ「ホッキ飯」

たれが染み込んだご飯とプリプリとしたホッキ貝 

浜通り地方北部に位置する。阿武隈高地の森林や海岸線など豊かな自然を有し、比較的温暖な気象条件に恵まれている。ホッキ貝を使った「ホッキ飯」は、たれが染み込んだご飯とプリプリとしたホッキ貝の組み合わせで箸が進む。

栃木県栃木市(とちぎし)の「味力」!

オススメのグルメ「とちぎ江戸料理」

蔵のまちで小江戸気分が楽しめる

2021年4月に栃木駅北口にオープンした観光交流館「蔵なび」では、観光案内を行うほか、誰でも自由に利用できるスペースがある。土曜・祝日の10時~16時は、専門のコーディネーターが窓口におり、実体験をもとにした移住・定住の相談ができる。人気のグルメは、小江戸気分が楽しめる「とちぎ江戸料理」。

栃木県鹿沼市(かぬまし)の「味力」!

オススメのグルメ「ニラそば」

名産のニラとそばのコラボ料理

東武日光線で約90分という、首都圏からのアクセスを生かしたテレワーク移住が増加中。鹿沼市おためしの家と、栃木県のテレワーク移住体験補助金を併用すれば、気軽に移住生活を試せる。名産のニラとそばのコラボ料理にも注目。

栃木県小山市(おやまし)の「味力」!

オススメのグルメ「クラフトビール」

特産品ハトムギを使ったビール

東京駅まで在来線で約80分、新幹線で約40分。東京が通勤圏でありながら、渡良瀬遊水地などの豊かな自然もある。新幹線通勤定期券の購入補助金も実施。808ブルワリーでは、小山市の特産品ハトムギを使ったビールを生産。

栃木県真岡市(もおかし)の「味力」!

オススメのグルメは、イチゴとイチゴスイーツ

イチゴの生産量日本一! 460世帯が栽培

東京から90㎞圏内の農業・商業・工業が調和したまち。イチゴは460世帯が栽培を行い、生産量は日本一を誇る。空き家バンクリフォーム工事費補助は、中学生以下の子どもがいる世帯は子ども1人につき10 万円加算される。

群馬県桐生市(きりゅうし)の「味力」!

オススメのグルメ「ソースかつ丼」

ご飯の上に、甘辛いソースに浸したトンカツ 

水と緑に恵まれた桐生市は、古くから“西の西陣、東の桐生”といわれた織物のまちで、1300年の歴史がある。このまちで長年愛され続けるご当地グルメがソースかつ丼。ご飯の上には甘辛いソースに浸したトンカツだけという潔さが、何にも勝る魅力。

群馬県渋川市(しぶかわし)の「味力」!

オススメのグルメ「ホルモン焼き」

初代渋川ご当地B級グルメ決戦チャンピオン 

日本の中央付近に位置し、“日本のへそ”と呼ばれる渋川市では、幼児教育・保育料の完全無料、学校給食完全無料といった子育て支援や、移住支援に注力。初代渋川ご当地B級グルメ決戦チャンピオン「丸福ホルモン」のホルモン焼きもオススメ。

群馬県嬬恋村(つまごいむら)の「味力」!

オススメのグルメ「花豆」

避暑地の特産品は大きな粒の花豆 

嬬恋村の年間平均気温は11℃。夏は避暑地として、別荘や貸別荘、キャンプなどのアウトドア観光でにぎわいを見せる。立地は軽井沢町、草津町の中間に位置しており、両方の町へ車で30分圏内と、観光拠点に最適である。地元の特産品は、大きな粒の花豆。

 

文/はっさく堂、西郡幸子、横澤寛子

この記事をシェアする

この記事のタグ