田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 10月号

9月2日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【公式】2022年版 12エリア別&3世代別「住みたい田舎」ベストランキング!【南九州・沖縄エリア】

2022年版 第10回 住みたい田舎ベストランキング」(2022年1月4日発売『田舎暮らしの本2月号』掲載)では、人口別のランキングとともに、12エリア別のランキングも発表しました。ここでは南九州・沖縄エリアのランキングを発表します。

掲載:2022年2月号

西都市が強いなか、今年は薩摩川内市も上位に。また沖縄県1位と健闘したのが伊江村だ。

 

 

宮崎県西都市(さいとし)
「新しいことをはじめる」人を応援する企画が始動!

西都原のサクラと菜の花。みんなが楽しみにしているお花見スポット。

西都市は宮崎県の中央部に位置し、宮崎市や県内各地へのアクセスも良好。完熟マンゴーやピーマンなど施設園芸(ハウス栽培)が盛んなまちだ。「西都はじめるPROJECT」は、新しい暮らしや仕事、遊びなどをスタートする人を全力で応援する移住支援企画。起業や就農、リモートワーク、子育てなど、新しいことにトライする思いを力強くサポートしてくれる。子育て世代の住宅取得助成金もある。

西都はじめる相談窓口 ☎080-6470-4065 https://www.uji-saito.com/ijyuu/

農業が盛んで、移住して新規就農する人も多い。

 

 

鹿児島県薩摩川内市(さつませんだいし)
幅広い世代が安心して暮らせるまち

2020年に開通した甑大橋。これにより甑島列島間を陸路で往来できるようになった。

鹿児島県内最大の面積に約9万3000人の人口を抱える薩摩川内市。ショッピングセンター、温泉、新幹線駅などの都市機能が備わった本土区域と、豊かな自然が残る甑島(こしきしま)区域で構成される。住宅取得やリフォームに対する助成金のほか、子ども医療費助成や子育て応援券などの施策も充実。またドクターヘリの運用や救命救急対応可能な総合病院など、幅広い世代が暮らしやすい条件が揃う。

薩摩川内市企画政策課 ☎0996-23-5111 https://www.city.satsumasendai.lg.jp/www/genre/1268816498923/

寺山公園から見た市全景。

 

 

【沖縄県で第1位!】沖縄県伊江村(いえそん)
人口約4400人、一島一村の美しい島

島内には大型スーパーやレストラン、診療所もある。

沖縄本島からフェリーで片道約30分と便利な離島・伊江島。子育てに対する支援が手厚く、高校卒業までの子どもの医療費助成や中学校卒業までの児童手当支給、不妊・不育治療費の助成などがある。島内には高速光インターネット回線のインフラがあるので、テレワークにもオススメだ。伊江港の旧ターミナルには無料Wi-Fiを備えたオープンスペースも。オンライン移住相談にも対応している。

伊江村総務課 ☎0980-49-2001 https://www.iejima.org/category/bunya/iju/

中心にそびえるのは標高172mの城山(ぐすくやま)。

この記事をシェアする

関連記事