田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 10月号

9月2日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ホームセンターが独自開発したキャンプ道具/2022年 FUKUが選んだキャンプ道具の逸品 5

 かつてはメーカー品だけが並んでいたホームセンターのキャンプ用品売り場が変化している。独自開発したPB(プライベートブランド)が続々登場しているのだ。キャンプ道具収集癖のあるYouTuberのFUKUさんによると、「ただ安いだけじゃなくて、開発者さんのやる気が伝わってくる、面白いギアが増えていますね」とのこと。そこでPBのキャンプ用品に力を入れる4つのホームセンターから、手ごろな価格ながらオリジナリティのある、イチ押しギアをピックアップ。

 

【DCM  ディーシーエム】
ヘキサファイアピット 6578円

「ホームセンターで見つけたら、即買いのアイテム1位として紹介した焚き火台です。あまりに人気で、今も実店舗でなかなか手に入らないのではないでしょうか」。人気の秘訣は、薄くたたんで収納できるのに、広げた時は30㎝ほどの薪でも入れられるサイズ感。さらに、二次燃焼構造を備えているのがポイントだ。

二次燃焼構造の折りたたみ式焚き火台だ。

 

大型焚き火台なのに収納時は意外とコンパクト。

 

6枚の板を組んでいくと、六角形に。

 

底板とロストルを置くと、形が固定される。

 

【NAFCO  ナフコ】
Nシチリン 3580円

BBQに最適な七輪。「ナフコの角型七輪は日本製。金属製で軽く、側面の赤い色も結構気に入っています」とFUKUさん。網がリフトアップ式になっており、炭足しの際は取っ手を引き上げたら簡単に炭が足せる。底面に遮熱板があるので、耐熱素材のテーブルであれば、卓上で炭焼きを楽しめる。

ひと工夫加わった日本製の七輪だ。

 

ハンドルを持ち上げれば、炭の出し入れが楽。

 

底面に遮熱板が入っている。

 

【CAINZ カインズ】
ツールスタンドとしても使えるランタンスタンド 2980円

高さ105.6㎝のランタンスタンドが2本セットになっている。フックにランタンを掛けてランタンスタンドにするだけでなく、2本を並行に立て、リングに鉄棒などを通して物干し竿状に渡すと、シェラカップなどを吊るすツールスタンドとしても使える。

アイアン風の見た目がかっこいい2Wayで使えるランタンポールだ。

 

縦に連結すると高さ約200㎝になる。

 

2本セットで低価格なのも人気の理由。

 

【コメリ】
クイックアップキャノピー付ソロテント 6980円

インナーが折りたたみ傘のようなワンタッチ式になっており、簡単に設営ができるテント。定員1~2名で、入門用として最適。二重構造で裏面はシルバーコーティング、背面にベンチレーター付き、キャノピーポールも付いているのに7000円を切る価格を実現。

簡単に設営できる初心者向きワンタッチ式テント。

 

インナーテントを広げた状態。

 

屋根部分をグッと押し下げると、テンションがかかる。

 

YouTubeチャンネル「FUKU」

https://www.youtube.com/channel/UCqu5_zgnVshzZ99gWbqBcyw/

YouTubeサブチャンネル「FUKUパート2 キャンプギア開発への道」

https://www.youtube.com/channel/UCWbkvZG6BXMM0nI4MdhC_uQ/

FUKUさんのVoicy「キャンプ道具買いたくなる話」

https://voicy.jp/channel/2073

FUKUさんのTwitter

https://twitter.com/FUKU97810073

 

文/横澤寛子 写真/古川寛二

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ