田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 10月号

9月2日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ミニトマト/自然菜園のスゴ技【第1回】

掲載:2022年4月号

2本に仕立てて根も枝葉も2倍、草マルチして長期栽培で収量2倍

トマトのなかで最も育てやすくて多収、ビタミンやミネラルを特にたっぷり含むのがミニトマトです。ポイントはしっかりとした支柱に誘引し、2本に仕立てること。根と枝葉が2倍で光合成も2倍、収量は2倍以上になります。次々に収穫して夏から秋まで長く楽しみましょう。

1 日当たりよく、水はけのよい土を準備する

 トマトの原産地は南米アンデス山脈の高地です。乾燥して日差しが強く昼夜の温度差が大きい気候を好みます。高温多湿の日本では、日当たりと水はけのよい畝(うね)を選びましょう。雨が降ると水たまりのできる畑では根腐れが起きやすく、病虫害が出やすいです。

 やせ気味の畑で育ち、養分が多過ぎると樹ボケといって実が付きにくくなります。畑を始めたばかりの特にやせた畝では、定植の1カ月前にはもみ殻くん炭、完熟堆肥などを鋤き込み、畝立てしましょう。

2 揺れないように支柱を定植前にしっかり立てる

 トマトは枝葉の受光量と収穫が比例します。大風でも負けないように、揺れない支柱が大切。植える前にしっかり支柱を立てて、トマトを常に誘引できるようにしましょう。定植後に立てると根を傷める場合があります。家庭菜園向きで風雨で揺れにくく、2本仕立てに最適なのは4本のティピー型です。

交差部分を麻紐で縛る。二重巻きした後、交点を縦割りして緩みなく縛る

3 定植の3時間前から底面給水

 根をしっかり張らせるコツは①根に勢いのある若苗を植える。②底面吸水で水を蓄えた苗を定植。③しっかりと鎮圧して周囲の土と根鉢をなじませる。定植は地温の上が る晴天の正午から午後3時にするとスムーズに根が伸びます。

前日の夕方にたっぷり水やりし、定植3時間前からは 、 深さ3cmほどに張った水にポットの底を浸して底面吸水させる

掘った土をすき間に戻し、しっかり鎮圧して根鉢と土を密着させる。定植後3日間は水やりしない

4 Y字に2本仕立てで収量2倍

 トマトの葉の付け根から出るわき芽は、最初の花が咲いたタイミングで花のすぐ下の1本を残し、そのほかはすべて欠き取ります。こうして花の真下の強いわき芽を伸ばし、Y字の2本に仕立てると、根がよく張り、株全体に日がよく当たり、病虫害に強くなります。わき芽を伸ばした放任では日当たりや風通しも悪くなりがち。実が小さく、なかなか赤くなりません。

麻紐で支柱に誘引。生長を見越し、余裕を持たせて8の字に。写真のように、わき芽が出る茎に引っ掛けるように紐がけするとずれにくい

5 穫れば穫るほど収穫アップ

 赤く完熟した実は全部収穫します。ただし雨が降る前は、雨で実割れするので、色がさした実も全穫りしてください。週一家庭菜園では、早め早めの収穫をすると、どんどん赤く実が付き、収穫量がアップします。

丸で囲まれた実は必ず穫り、四角で囲まれた実は降雨前なら必ず穫る

収穫後、常温で2~3日置いて追熟させると甘味がアップ

収穫は次の収穫のためのお世話でもある

6  補いは収穫期に2週おきのペースで

 トマトの定植後、周囲の草が伸びてきたら刈って草マルチを重ねていきます。

 収穫開始後は2週間おきに草マルチし、その上から米ぬかを撒いて補います。米ぬかは草マルチの発酵を促して土を豊かにし、善玉菌を増やしてトマトの病気を防ぎます。さらに米ぬか自身が微生物のエサになり、分解されると養分に変わります。こうして甘い実が長期収穫できるようになります。

草マルチの上から米ぬかを一握り、株の周りにぐるりと撒く

 

監修/竹内孝功

たけうち・あつのり1977年生まれ。長野県を拠点に菜園教室「自然菜園スクール」などを開催。著書に『自然菜園で育てる健康野菜ゼロから始める無農薬栽培』『完全版自給自足の自然菜園12カ月野菜・米・卵のある暮らしのつくり方』(宝島社)、『これならできる!自然菜園』(農文協)ほか多数。

WEBサイト「@自給自足Life」https://39zzlife.jimdofree.com/

自然菜園スクール http://www.shizensaien.net/

 

文・写真/新田穂高 イラスト/関上絵美・晴香

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ