田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 7月号

6月3日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

転入大幅増の研究学園都市は、筑波山を望む伸びやかな台地【茨城県つくば市】

掲載:2022年5月号

2022年3月中旬の情報です。
掲載物件はすでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!→桂不動産 つくば本店

研究学園都市として開発が始まり50数年。筑波山麓に広がる台地の伸びやかな住環境は、都内からのアクセスもよく、高い人気を保っている。最近はコロナ禍でさらに注目度がアップ。利便性も高い郊外の物件を訪ねた。

茨城県つくば市 ◎つくば駅から秋葉原駅まで45分◎
つくば市は都心から約60km、関東平野の東端、筑波山麓の台地に位置し、面積は東京都区部の約1/2の約284㎢。1969年に研究学園都市として開発が始まって人口が増加、今年1月の人口は約24万8000人。年平均気温14.3℃。冬は筑波おろしの空っ風が吹く。芝の生産量は全国一。

歩車分離でデザインされたつくば駅周辺。人気のスーパーをはじめ店舗も多数ある。

 

コロナ禍で問い合わせ急増。ゆったり便利に暮らせる

 茨城県は昨年、転入人口が転出人口を2029人上回った。県内44市町村のうち転入超過は14市町村。なかでもつくば市は桁違いの4643人増となった。年齢別では0〜14歳が866人で、さいたま市に次ぐ全国2番目の増加数。つくば市内の物件を案内してくれた桂不動産の田崎学さんは言う。

 「コロナ禍でリモートワークが進み、都内の方からの問い合わせが増えました。都内のマンションを売却して、つくば市に移住する例も珍しくありません。在宅勤務で広めの家に住みたくても、都内では予算的に厳しい。つくば市なら庭付きでゆったりした新築も、都心では購入できない価格で手に入ります。自然環境に恵まれているうえ、週1〜2回の通勤なら無理なくできます。こうした点が注目される理由でしょう」

 物件の場所は研究学園駅周辺の市街化区域から外れた郊外で、周辺には農地も多い。新しい商業施設と住宅が集まる人気エリア〝学園の森〞まで3〜4kmで、買い物などの利便性も高い。

 家屋はしっかりと建てられた木造2階建て。台風など強い風雨時の吹き込みによる雨漏りが見られるが、昨年11月まで居住され、床に傷みはない。価格はほぼ土地代なので、建物を上手に生かしたい物件だろう。

 「雨漏り部分の点検補修はベランダをいったん外して90万円ほどでしょう。あとは予算に応じて壁や天井のクロス張り替え、風呂場の改装などを。リフォーム費用を考えると、間取りを変えずに住むのがよいと思います」

 県道に接する敷地の北側には塀が設けられ、物件から車の通行は見えない。

 「部屋数が多くファミリーにも向きますが、庭を生かしてペットを飼うなど、いろいろなニーズに応えながら、つくばライフを楽しめる物件だと思います」

「本格的な木造の建物は、いま建てたらかなりのコストです」と田崎さん。

1階の南向きの和室2部屋。廊下にはテラスの窓からたっぷりと日が入る。

壁と天井のクロス替えだけで、水回りはそのまま使えるキッチン。

2階の洋室。壁と天井のクロスを替えれば、落ち着いて仕事ができそう。

【物件データ】手ごろな庭付きで部屋数の多いしっかり立てられた木造家屋

茨城県つくば市高野(こうや)
●価格/1600万円
●土地面積/ 170坪・562㎡
●延床面積/ 47坪・158㎡

●間取り/6SLDK
●地目/宅地
●地勢/平坦地
●法令制限/市街化調整区域
●築年数/41年
●トイレ/水洗
●交通/つくばエクスプレス研究学園駅より約5km
■特徴/南に接する幅約3.7mの公道側に開かれた敷地。北は県道と接する。集落は住宅地“豊里の杜”に隣接。徒歩で遊歩道やビオトープのある公園へ3分、コンビニへ4分、スーパーへ10分。大型スーパーへ車で7分。2台分のカーポート付き。
●取引態様/一般媒介

●問い合わせ/桂不動産 つくば本店 ☎︎029-854-4110 https://www.katsurahome.co.jp/

 

【つくば市の物件相場】

 市内は都市計画法による区域が細かく指定され、郊外の多くは市街化調整区域。家を建てられるのは、指定以前からの宅地など例外的な場所に限られるため要注意。物件数は意外に少ない。また市域が広いので、物件や土地の相場もエリアごとにバラつきがある。紹介した物件は市街化区域からおおむね1kmの範囲内に設定された第11号指定区域で、敷地面積が300㎡以上なら新築可能なエリアとなっている。

 

つくば暮らしを楽しんでいます!

Yさん●48歳、奥さま●39歳
昨年3月に横浜市からつくば市内へ移住。それぞれ都内の会社に勤務、在宅でリモートワークする。5歳と3歳の子育て中。

住まいも心も広々と子育てできる

 「以前の住まいは賃貸マンションです。コロナ禍でリモートワークになり、それなら広いところにと、つくば市を選びました」

 そう話すYさん家族が暮らすのは、つくばエクスプレスの駅から車で5分の住宅地。

 「ここは都会と田舎のいいとこ取りをした感じです。転入する人も多く、地元の人にも受け入れてもらえます。子どもたちは新設の保育園に入りました。朝、筑波山を眺めてお話ししながら車で送るのは豊かな時間ですよ」

週末は近くに借りた菜園に通う。子どもたちは虫捕りが大好きに。

2階建て4LDKを新築した敷地は約60坪。菜園に行かない休日は庭でピクニック。

 

つくばの魅力はこれ!

筑波山は市の北東。中腹には市営の梅林があり約1000本の紅梅白梅が植えられている。

市内では20軒以上のベーカリーが個性を競う。移住したらぜひお気に入りの店を探したい。

筑波大学をはじめ教育研究施設が集結し、研究者数は約2万人、うち外国人研究者は6000人以上。子どもの教育水準も高い。

 

【つくば市】移住支援情報
テレワーク・就業移住に支援金クラフトライフの提案も

 市では「わくわく茨城生活実現事業」(下参照)により、市内に移住しテレワークや就業、起業する人に移住支援金を支給(要件あり)。また、地域に根差してものづくりに携わるライフスタイルを「クラフトライフ」と名付け、地域の魅力とともに紹介している。

問い合わせ/つくば市広報戦略課魅力発信係 ☎︎029-883-1111㈹
「つくばスタイルCRAFT」
https://www.city.tsukuba.lg.jp/shisei/joho/promotion/1014927/index.html

つくば駅周辺から北に筑波山を望む。つくばエキスポセンターのH-IIロケット模型とプラネタリウムも見える。

移住相談は市役所内の相談窓口のほかオンラインでも対応可能。

「つくばで 『クラフトライフ』してみませんか?」
広報戦略課魅力発信係 小林 実さん

 

文・写真/新田穂高 写真提供/つくば市

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ