田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 7月号

6月3日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

『田舎暮らしの本7月号』は6月3日(金)発売です

『田舎暮らしの本7月号』は、6月3日(金)店頭です(一部地域では異なります)。

巻頭特集は「移住支援が手厚いまちの300万円以下の家」。移住者の受け入れに熱心な自治体では、移住支援制度が充実しています。具体的には、物件見学時の交通費・宿泊費の補助、引っ越し代、家の改修費補助、移住後の就業・子育て支援など多岐にわたります。今回は、そんな自治体の空き家バンクに登録されている300万円以下の家をご紹介します!

 

別冊付録は「食料備蓄入門」。災害が多発する日本では、あらかじめ災害に備えておくことが必須です。特に重要な食料備蓄を中心に、すぐに実践できるシンプルなノウハウを公開します。ハンディな16ページですが、とても役に立つ1冊です。人気YouTuberの高荷智也さん監修です。

 

「決定! 田舎暮らしに便利な家電大賞2022」では、田舎暮らしが楽しく、快適になる家電を、プロの目線で厳選紹介しています。

 

目次をご紹介します。

生まれ育った北海道栗山町でまちおこしに関わるタレントのバービーさんにインタビュー。やさしくて誠実なお人柄に感動しました。

 

連載「子育て世代移住Project」では、千葉県南房総市で人気の「ワーケーション」(テレワークを活用して、働きながら休暇を取る過ごし方)を紹介しています。親子で楽しめるプログラムです。

 

甲信エリア特集は、屈指の人気移住地「長野県安曇野エリア」と「山梨県八ヶ岳エリア」にフォーカス。移住者の暮らし、物件の価格動向、家の探し方を解説します。

 

DIY連載「人力工房」では、ダイニングテーブルのつくり方を紹介します。

 

竹内孝功(あつのり)さんの連載「自然菜園のスゴ技」。今月号の野菜はカボチャです。

 

『田舎暮らしの本7月号』は、6月3日(金)発売。アマゾンで購入する

こちらからもご予約いただけます。

この記事をシェアする

関連記事