田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 7月号

6月3日(木)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【物件】兵庫県南あわじ市、白砂青松の海岸へ車で約5分!広大な田園風景を望む8DK

暖かい田舎の300万円以下の家 兵庫県南あわじ市(みなみあわじし)

※掲載している物件は2021年1月上旬の情報です。すでに契約済みの場合があります。

空き家バンク物件情報はこちらをチェック→南あわじ市空き家バンク

一年を通じて温暖な地域で のんびり田舎暮らしをしたいという人に 300万円以下の売家をピックアップ。

関東近郊や関西の海近物件、 九州北部エリアの温泉が近くにある広びろとした日本家屋などをご紹介します!

掲載:21年3月号

物件リポート

(↑「生活に便利で海に近い立地が魅力の物件です」と、レインボー不動産の山形さん、ふるさと創生課の坂本さん。)

白砂青松の海岸へ車で約5分 広大な田園風景を望む8DK

兵庫県の中枢を担う神戸市をはじめ阪神間からのアクセスに優れ、リゾートアイランドとしても親しまれる淡路島。

その南部の南あわじ市は、特に農業・畜産業・漁業が盛んで、風光明媚な景観に恵まれる。

海の景勝地を間近にする古民家でスローライフを実現しよう。

南あわじ市データ

  • 年平均気温 16℃
  • 特産品 タマネギ、レタス

明石海峡大橋を渡って神戸市や大阪市から1~2時間の南あわじ市。

南に望む鳴門海峡のうず潮は世界屈指のスケール。

冬の気候も穏やかで、多様な農産物、「淡路島3年とらふぐ」、タイ、淡路ビーフなど特産品は数多い。

物件データ

  • 兵庫県南あわじ市 250万円
  • 土地 68坪・228m²
  • 延床 20坪・67m²
  • 菜園 あり

保育・教育機関が徒歩圏内の古民家

  • 取得費補助 最大100万円
  • 改修費補助 最大100万円
  • 家財処分費補助 5万円
  • 間取り 8DK
  • 地目 宅地
  • 地勢 平坦地
  • 法令制限 都市計画区域内非線引き
  • 築年数 不詳
  • トイレ 水洗
  • 交通アクセス 神戸淡路鳴門自動車道西淡三原ICより約3.3km
  • 特徴 海に近い松帆地区の木造2階建て。建物の一部未登記。北東側に幅約2.5mの舗装公道。軽自動車1台駐車可(普通車不可)。保育園へ約800m、小学校へ約300m。

お問い合わせ:㈲レインボー不動産 ☎0799-42-2193

改修にかかる費用(最低限の目安)

  • 旧家屋解体 約150万円
  • 外壁トタン改修 約100万円
  • 下水接続、便器交換 約100万円
  • 床・壁改修 約30万円

移住後にかかる費用

地区の管理費年6500円

※そのほかの費用の有無は要確認

参加したほうがよい行事

購入を前向きに検討する場合、地区にある市民交流センターの紹介が可能。その際に要確認。

海水浴場や温泉に近く 阪神地域へ通勤圏内

食料自給率100㌫以上といわれる淡路島。

そのなかでも京阪神地域の台所を支える食の宝庫が南あわじ市。

播磨灘(はりまなだ)、鳴門(なると)海峡、紀伊(きい)水道で獲れる魚介類はもちろん、乳製品や肉牛から日本酒まで多種多様な味覚が揃う。

「特に西日本有数の露地野菜の産地として知られ、冬も温暖な気候と肥沃な土壌を生かして、タマネギ、米、ハクサイ、キャベツ、レタスなどの三毛作が営まれています」と、ふるさと創生課の坂本(さかもと)さん。

物件があるのも、広大な田園風景に囲まれた地区の一角。昔ながらの家屋の特徴について、レインボー不動産の山形昌之(やまがたまさゆき)さんはこう説明する。

「増改築されたと思われる2階建て部分は推定築50〜60年で、いかにも昭和という雰囲気です。下水道への接続工事が必要であるほか、壁や床の一部にはがれがあるものの、大規模な修繕は必要ないでしょう。一方、南側につながる平屋の旧家屋は傷みが激しく、解体したほうがいいかもしれません」

旧家屋の風情が失われるのも少し惜しいので、改修業者と相談して判断しよう。

(↑神棚のある1階の和室。天井や床の間などのつくりが凝っている。)

(↑1階にある8畳の洋室は、玄関側と廊下側の2wayアクセス。内装の状態は比較的良好。)

(↑2階には居室が3室あり、いずれも明るい光に満たされる。8畳の和室は床の間付き。)

(↑キッチンは劣化が目立つが使えなくもない。ガスコンロとガス炊飯器が置かれている。)

いずれにしても、2階建て部分だけで6DKの広さがあり、住むぶんには困らない。

外まわりでは、4坪ほどの庭での家庭菜園やガーデニング、周囲が見晴らせるバルコニーでのバーベキューなども楽しめそうだ。

(↑2階からの眺望。立ち並ぶ住宅の間にのどかな田園風景が見渡せる。)

近隣の憩いのスポットが、車で約5分の慶野松原(けいのまつばら)。

(↑夏は海水浴場として賑わう慶野松原は、市内を代表するホットスポット。国の名勝、日本の渚百選、日本の夕陽百選ほか数々の肩書を持つ。)

古くは『万葉集』にも登場する景勝地で、夏は海水浴場として親しまれる。

ショッピングセンターや、フィットネスクラブ併設の温泉施設も車で約5分と近い。

車で10分弱の「陸の港西淡(りくのみなとせいだん)」からは神戸方面への高速バスが利用できるほか、徳島空港へ車で約30分と、各方面へのアクセスがスムーズ。

(↑農畜水産物直売所「美菜恋来屋(みなこいこいや)」へは車で約15分。地元の野菜、淡路ビーフ、鮮魚が安く揃う。https://www.minacoicoiya.com

普段は阪神地域へ通勤・通学しながら、休日はゆったりと田舎暮らしに浸る拠点として申し分ない。

南あわじ市では、島外への通勤・通学者向けに交通費を補助する制度も用意している。

南あわじ市移住支援情報

住宅取得を幅広くサポート

マイホーム取得事業補助金は空き家バンク物件の場合、最大で100万円。

一緒に移住する中学生以下の子ども1人につき30万円の加算金がある。

定住促進空き家活用支援事業補助金は島外からの移住の場合、それぞれ最大で改修費100万円、家財処分費5万円、登記費用と引っ越し費用が10万円ずつとなる。住所要件あり。

(↑田園地域から海辺まで希望に応じて多様な環境が選べる南あわじ市。)

空き家バンク物件や移住支援の最新情報は移住支援サイト「住みニコ」をご覧ください。

(↑ふるさと創生課坂本さん)

お問い合わせ:ふるさと創生課 ☎0799-43-5205 https://www.suminiko.jp

※掲載している物件は2021年1月上旬の情報です。すでに契約済みの場合があります。

※空き家バンクは定住を目的としている場合も多く、補助金が交付されるためには各種条件があります。詳しくは各自治体にお問い合わせください。

※敷地面積は田畑や山林などを含まないことがあります。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、見学時期については必ず自治体とご相談ください。

※新型コロナウイルス感染拡大防止でイベントなどが変更になる可能性があります。必ず事前にご確認ください。

※取材にあたっては、マスク着用やアルコールなどでの消毒、事前の体温測定など新型コロナウイルスへの感染予防策に万全を期しております。

この記事をシェアする

関連記事