田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 7月号

6月3日(木)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【物件】福岡県豊前市、気候穏やかな瀬戸内海西部にて自転車で暮らせる150万円の5K

暖かい田舎の300万円以下の家 福岡県豊前市(ぶぜんし)

※掲載している物件は2021年1月上旬の情報です。すでに契約済みの場合があります。

空き家バンク物件情報はこちらをチェック→福岡県豊前市

一年を通じて温暖な地域で のんびり田舎暮らしをしたいという人に 300万円以下の売家をピックアップ。

関東近郊や関西の海近物件、 九州北部エリアの温泉が近くにある広びろとした日本家屋などをご紹介します!

掲載:21年3月号

物件リポート

(↑「建物は古いものの、状態は比較的良好です」と生活環境課の木下さん。2方向の道路は幅2.5mほどと狭い。)

気候穏やかな瀬戸内海西部 自転車で暮らせる漁師町の家

本州と九州を結ぶ玄関口として発展してきた福岡県は、都市機能が整った都会を少し離れると海や山の美しい風景が広がる。

なかでも穏やかな豊前海と農村風景を併せ持つのが、北九州地域の東部にあたる豊前市。

宇島漁港のすぐ近くにお手ごろ価格の物件を見つけた。

豊前市データ

  • 年平均気温 17°C
  • 特産品 豊前とうがらし

修験道の聖地である求菩提山が南にそびえ、豊前海が北に広がる豊前市。平野部は温暖で降水量も少なめ。

特産の「豊前とうがらし」を使った「豊前オニメン」は辛味が利いたホットなご当地グルメ。

北九州空港から車で約45分。

物件データ

  • 福岡県豊前市 150万円
  • 土地 24坪・80m²
  • 延床 22坪・74m²

宇島駅へ自転車で約6分の住宅地

  • 間取り 5K
  • 地目 宅地
  • 地勢 平坦地
  • 法令制限 第一種住居地域
  • 築年数 63年
  • トイレ 水洗
  • 交通アクセス 日豊本線宇島駅より約1.5km
  • 特徴 宇島漁港に近い閑静な住宅地の木造瓦葺き2階建て。北側と東側が道路に面する角地。駐車場なし。宇島小学校へ約600m、八屋中学校へ約1.7km、市役所へ約2.5km。

お問い合わせ:生活環境課 ☎0979-82-8019

改修にかかる費用(概算)

床などに若干傷みが見られるが改修の要否は不明。大量に残された荷物は現状引き渡しで、業者に依頼すると40万円ほどはかかりそう。

移住後にかかる費用

自治会費年3000円

参加したほうがよい行事

道路や側溝などの清掃が年数回。5月に宇島祇園、秋には神楽などのイベントも。

漁港のある海辺へ徒歩圏 駅や温泉へは車で約5分

南部に求菩提山(くぼてさん)や犬ヶ岳(いぬがたけ)といった山が連なり、山里の風景を残す豊前市。

豊前海に面する北部には日豊(にっぽう)本線が走り、宇島(うのしま)駅周辺に市役所をはじめ、まちの主要な機能が集まる。

「山の上だと冬は少し冷えますが、市内中心部はほとんど雪が降りません。空き家バンク物件が多いのも、穏やかな気候の山すそから海側にかけてです」と、生活環境課の木下博(きのしたひろし)さん。

その1つが漁師町の宇島に位置する物件だ。宇島駅や生活利便施設が2㌔圏内に揃う立地でありながら、周囲は閑静な空気に包まれている。

(↑キッチンに隣接する4.5畳の和室は、昔ながらの茶の間という位置付け。)

室内は22坪の5Kと大き過ぎず小さ過ぎず、夫婦のみでも子育て世帯でも住みやすい。

(↑キッチンは、磨けばそのまま使えそう。ガスコンロは据え置き型。)

トタンの外壁、ガラス障子、タイル張りの浴室など、昭和の趣を感じさせる仕様が多いが、トイレは洋式の水洗になっている。

(↑市内でも宇島は下水道が整っている地域で、トイレは水洗化済み。)

「今のところ大規模な補修は必要ないと思われ、150万円ならお手ごろでしょう」と話す木下さんだが、「難点は室内に多くの荷物が残されていること」とも。

現状での引き渡しとなるため、片付けの労力と費用を要することは覚悟しておきたい。

海に近いため気軽に釣りが楽しめるのはもちろん、豊築漁協直売所がある「うみてらす豊前」もすぐそば。

(↑徒歩約6分「うみてらす豊前」の豊築漁協直売所には、水揚げしたての旬の魚介が揃う。2階には漁師食堂も。http://umiterrace-buzen.com

秋から冬のワタリガニ「豊前本ガニ」や「豊前海一粒かき」をはじめ、海の豊かさを日々実感できる。

ほかにも車で約5分の豊前温泉、登山コースや森林セラピー基地として人気の求菩提山など、魅力的なスポットが豊富。

春の宇島祇園、秋に各所で行われる国指定重要無形民俗文化財の豊前神楽といった、地域の人たちが守り継ぐ伝統文化もぜひ堪能しよう。

(↑市内に3つある温泉のなかでも野趣に富むのが求菩提温泉「卜仙(ぼくせん)の郷」。 宿泊のほか、レストラン、立ち寄り湯(大浴場、貸し切り湯)があり、露天風呂からは求 菩提山が望める。 https://bokusennosato.com

豊前市移住支援情報

古民家でお試し暮らし

(↑のどかな田園地帯に位置する古民家をお試し居住施設として提供。)

求菩提山を遠望する山内地区の「山内の家」は、明治時代に建てられた平屋の古民家を改修したお試し居住施設。

料金は1日当たり1000円で、2日~30日間の利用ができる。家具・家電など最低限の生活用品は揃うが、寝具は手配が必要。

市の中央部に位置し、海と山の両方を体験する拠点としても最適だ。

空き家バンク物件を購入もしくは賃貸する場合、仲介手数料を最大5万円補助します。

(↑生活環境課 木下博さん)

お問い合わせ:商工観光課 ☎0979-82-8086 https://www.city.buzen.lg.jp

福岡県移住支援情報

移住相談窓口を東京と福岡に設置

(↑ふくおかよかとこ移住相談センター (東京窓口)のスタッフ。)

60市町村がある福岡県には、都会的エリアと豊かな自然エリアの両方があ り、求めるライフスタイルに応じて幅広い選択肢が揃う。

移住相談窓口「ふくおかよかとこ移住相談センター」を東京と福岡に開設し、移住コーディネーターがマンツーマンで相談に応じる。

各種情報は福岡県移住・定住ポータル サイト「福がお~かくらし」で発信。

お問い合わせ:ふくおかよかとこ移住相談センター ☎03-6273-4048(東京) ☎092-712-2325(福岡) https://ijuu-teijuu.pref.fukuoka.lg.jp

※掲載している物件は2021年1月上旬の情報です。すでに契約済みの場合があります。

※空き家バンクは定住を目的としている場合も多く、補助金が交付されるためには各種条件があります。詳しくは各自治体にお問い合わせください。

※敷地面積は田畑や山林などを含まないことがあります。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、見学時期については必ず自治体とご相談ください。

※新型コロナウイルス感染拡大防止でイベントなどが変更になる可能性があります。必ず事前にご確認ください。

※取材にあたっては、マスク着用やアルコールなどでの消毒、事前の体温測定など新型コロナウイルスへの感染予防策に万全を期しております。

この記事をシェアする

関連記事