田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 10月号

9月2日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

夕日が美しい漁師町で、豊かな暮らしがかなう!漁港と小学校に近い250万円4K【静岡県西伊豆町】

掲載:2022年8月号

2022年6月上旬の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!西伊豆町空き家バンク

駿河湾に面した西伊豆町は、年間を通して穏やかな海洋性気候。多種多様な魚が楽しめ、釣り人やダイバーからも人気が高い。温泉や、夕日が美しい景勝地も点在。今回紹介する物件は、そんな魅力的なスポットが点在する港町にたたずむ。

伊豆半島西海岸のほぼ中央に位置する西伊豆町は、海と山に囲まれたまち。年平均気温は16℃ほど。伊豆半島ジオパークの認定を受けたジオサイトも数多く点在する。伊豆箱根鉄道修善寺駅より堂ヶ島へバスで約85分。

田子小学校近くに立つ木造2階建て4K

緩やかな坂道の途中に位置する木造2階建て。

田子漁港が徒歩圏内!海の恩恵が受けられる家

 西伊豆町の海岸線の中ほどに位置する田子(たご)地区。湾口にある尊島(そんのしま)が入り江を荒波から守る静かな漁村で、古くから遠洋漁業の基地として栄えてきた。カツオやサンマの水揚げ港で、漁港近くには郵便局や小さな商店、民家が立ち並ぶ。なかには、昔ながらの製法を守るかつお節店もある。

 そんな漁港風情漂うまちに今回紹介する物件がたたずむ。海を背に、緩やかに続く坂道を5分ほど歩いた場所に位置し、田子小学校も近くにある。海とはほどよい距離で、広域避難場所になっているので、災害リスクを気にする人にとっては安心な立地なのではないだろうか。

 物件は木造2階建てで、1階に2部屋、2階に2部屋と、定住するにも、セカンドハウス利用するにも、ほどよいサイズ感。ただ、約14年間空き家となっていたので、外壁から内装、水回りなどは事前にチェックしたうえで、修繕に取りかかろう。また駐車場がなく、周辺に月極駐車場が少ないため、駐車場の確保が必要だ。

 釣りやダイビングスポットへ徒歩移動ができるのは、趣味最優先の人にとってはうれしいポイント。毎日でも田子島に落ちる夕日を眺められ、まちのスーパーでは新鮮な魚介類が手に入る。海の恵みを受けた、豊かな暮らしがかなう家だ。

【物件データ】
静岡県西伊豆町
250万円
土地:17坪・57㎡
延床:21坪・71㎡
改修費補助:最大50万円
家財処分費補助:最大10万円

4K宅地平坦地都市計画区域外●築59年簡易水洗伊豆縦貫自動車道月ヶ瀬ICより約38km●田子漁港より徒歩約5分の場所に立つ2階建て木造住宅。家財道具が残っているが、所有者が処分する予定。空き家歴14年で、補修は必要。駐車場なし。東海バス田子停留所へ約300m。小学校へ約100m、認定こども園へ約700m、中学校へ約5km。
●問い合わせ先:田舎暮らし情報館 ☎0558-53-3331

カツオも釣れる田子漁港へ徒歩約5 分!
物件から田子漁港へ徒歩約5分、海水浴や美しい夕日が楽しめる大田子海岸へ徒歩約10分。田子港内はかなりの水深があり、ソウダガツオ、アジ、カンパチ、アオリイカ、カマスなど多様な魚が釣れる。

外壁は洗浄して塗装し直すと見違えるので、購入時に修繕費を予算に入れておくのがオススメ。

玄関を入ってすぐの4畳半和室。台所や6畳和室と続き間になっている。残置物は、基本的に所有者が処分する予定。

窓付きで、換気がしやすい風呂場だが、水回りの状態確認や修理は発生しそうだ。

トイレは洋式にリフォームされているが、簡易水洗のため定期的に汲み取りが必要。

担当者に聞く!西伊豆町・海のオススメスポット

神秘的な雰囲気が漂うスポット

 西伊豆町では、伊豆が海底火山だったことを物語る地層が見られ、どこか神秘的な雰囲気が漂う。伊豆西海岸随一の景勝地・堂ヶ島には、天窓洞(てんそうどう)と呼ばれる海蝕トンネルがあり、その中を遊覧できるクルージングでは不思議な光景が楽しめる。また、町内にはスキューバダイビングのショップが20近く点在。なかにはふるさと納税感謝券が利用できるショップもある。

田子漁港より南へ約3km、車で6分ほどの場所にある堂ヶ島。奇岩や景勝地があり、その間をクルーズ船で遊覧できる。

西伊豆町で楽しめるマリンアクティビティ
田子地区のスキューバダイビングポイントは多彩。回遊魚もやってくる魚影の濃いポイントもあり、初心者からベテランまで楽しめる。

西伊豆町のグルメ!「しおかつおうどん」
保存食「しおかつお」をふりかけ状にして、ゆでたうどんにかけ、ネギ、ノリ、ゴマ、かつお節などをのせ、だしじょう油を絡めて食す。

西伊豆町移住支援情報

空き家バンク改修の補助や、移住お試し住宅を整備

 西伊豆町の空き家バンクは、定住・二地域居住にかかわらず利用可能。定住利用の場合は、空き家バンク登録物件の改修工事や家財処分に要する費用の一部を補助する、空き家改修等補助金が活用できる。移住検討者に西伊豆町での生活体験ができる住宅を提供する「西伊豆町お試し住宅」も整備。現在は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため予約を停止しているが、夏ごろの再開を予定しており、予約開始はホームページで告知する。

問い合わせ先:まちづくり課 ☎0558-52-1966 https://www.town.nishiizu.shizuoka.jp/ijuteiju/

町内の仁科地区にある3DKの木造平屋でお試し移住ができる。1日当たり1 棟1000円。

 

文/横澤寛子 写真提供/西伊豆町まちづくり課、西伊豆町観光協会

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ