田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 10月号

9月2日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

水回り改修済み、畑付きの平屋5DKが160万円。子育て世代の移住が増えている田舎 【島根県川本町】

掲載:2022年9月号

2022年7月上旬の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!→川本町空き家バンク

川本町(かわもとまち)のなかでも田舎らしいのどかな風景に恵まれ、近年は子育て世帯を中心とした移住者が増えている三原(みはら)地区。まちのシンボルである円山(まるやま)を正面に望む物件は、畑付きでトイレ・浴室を改修済み。5DKで160万円とお手ごろ感もあり、契約は早い者勝ちだ。

子育て世帯に人気の三原地区に立つ5DK

森の緑に赤瓦が映える5DKの平屋。「幅約2mの細い町道沿いの物件ですが、敷地は開放的です」と、「かわもと暮らし」の浪崎健一(なみざきけんいち)さん。

ほとんど補修なしでOK! 農業にも挑戦できる

 川本町西部の三原地区は、特に米とエゴマの栽培が盛んな古くからの農村地域。特区として製造しているドブロクを農家民泊で提供するなど、特徴ある活動も行われている。

「山手にある『ザ・田舎』というべき地区です。日本の原風景が残る環境にひかれ、子育て世帯を中心に移住者が増えています。なかでもここ田窪(たくぼ)は、自治会で営農組合をつくって集落営農に取り組み、冬にはみんなで味噌づくりをするなど、地域交流が活発な地域です」

 そう話すのは「かわもと暮らし」の浪崎健一さん。物件があるのは、県道から細い通りを500mほど分け入った山辺。木々の緑が取り巻くとともに、南側一面に遊休農地が広がり、その向こうになだらかな山容の円山を望む。近くに事業用ソーラーパネルがあることを許容できれば、自然の潤いに満ちた立地として申し分ない。

 間取りは、西側に4室の和室が田の字形に並び、東側に水回りと小さな洋室がある5DK。床に少したわみはあるが、構造や設備の不具合は見当たらない。

「トイレや浴室、洗面台は、現代的に改修済み。160万円はかなり割安だと思います。すでに複数のお問い合わせをいただいており、近いうちに売約済みになる可能性があることはご了承ください」

 と、浪崎さん。畑が付いていることに加えて、売主所有の田を借りることもできるので、農業に挑戦したいという人にはありがたい。周囲には両隣に少し離れて2世帯が住んでいるのみ。基本的に住人以外の車が通ることはなく、小さな子どもがいる家庭には安心だ。また、近くには温泉や丸山城跡などがあり、アクティブなセカンドライフの拠点としてもふさわしい。

【物件データ】
島根県川本町
160万円
土地:184坪・610㎡
延床:32坪・108㎡
菜園:183坪
取得費補助:最大100万円
改修費補助:最大250万円

5DK宅地、畑、雑種地、山林平坦地●都市計画区域外●築49年水洗浜田自動車道瑞穂ICより約31km●川本町田窪の木造瓦葺き平屋。1965年築の納屋あり。南側に幅約2mの舗装公道。駐車スペース4台分。道の駅や加藤病院へ車で15分ほど。三原郵便局や三原保育所へ約1km、川本小学校へ約14km、川本中学校へ約12km、川本町役場へ約15km。
●問い合わせ先:かわもと暮らし ☎0855-74-2110

イチオシ
前庭や円山が眺められる続き間の和室。奥の和室には床の間と仏間付き。

8畳と6畳の和室を2部屋ずつ田の字形に配置。透かし彫りの欄間や襖絵が趣深い。

キッチンは汚れが目立つが、シングルレバーの混合水栓など機能的には問題なさそう。

母屋よりも存在感のある2階建ての納屋。残された荷物は購入者の負担での片付けとなる。

土壁が昭和レトロな趣の玄関ホールは4畳ほど。正面のガラス障子の奥に DKがある。

母屋の裏にある菜園スペース(地目は畑)。奥の雑種地と山林も一部含む。山側に墓石が残るが墓じまい済み。

補修が必要
玄関横にある3畳の洋室は、天井に原因未確認のシミがある。荷物は売主が処分予定。

浴室乾燥暖房機能付きのユニットバス。約7年前にトイレとともに改修した。追い焚き機能はない。

温水洗浄機能付き便座の水洗トイレは、落ち着いた雰囲気のウッディな内装が特徴。

周辺環境

車で約10分の湯谷温泉弥山荘は、2019年にリニューアルした源泉かけ流しの立ち寄り温泉施設。隣にはイチョウの黄葉の名所の長江寺がある。

川本町魅力紹介

大自然と生活利便施設が近接

「清流で川遊びをしたり、田植えを手伝ったり、自然環境を思いきり楽しめるまちです。一方でコンパクトタウンと称され、公共施設、病院、金融機関などが集約されて利便性も抜群です」と、浪崎さん。特産品は健康食品として注目されるエゴマで、多種多様な関連商品が揃う。

雲海の展望スポットとして人気の円山。丸山城跡のある山頂付近は森林公園として整備され、ハイキングコースとしても親しまれる。

オススメのグルメ、えごま鴨だし塩ラーメン
エゴマの葉のパウダーを練り込んだ麺と、「えごま鴨」のガラでダシをとった塩ベースのスープが特徴。エゴマ油をかけて仕上げる。

川本町での物件探しのアドバイス

 空き家バンク全体として200万~300万円の価格帯が多く、約3割を占める平屋も同様。特に三原地区に多い傾向がある。ただし、すぐに売れてしまうので、まめな情報のチェックが必須。

川本町移住支援情報

オーダーメイドの移住体験

 川本町への移住を検討している人向けに、日帰り~2泊3日で利用できるオーダーメイド型の「川本町移住体験プログラム」を用意。事前の相談内容を踏まえて、空き家の内覧はもちろん、生活環境の視察や職場体験など個別のプログラムを作成する。参加費(宿泊費、町内交通費)は無料で、現地までの交通費、食事代、保険料(250円)などは各自負担。

問い合わせ先:かわもと暮らし ☎0855-74-2110 https://www.kawamotogurashi.jp/

希望に合わせて移住支援員が町内を案内。訪問日のおおむね2週間前までに要予約。

「私たち専任スタッフが移住のあらゆる相談にワンストップで対応します」と、「かわもと暮らし」 浪崎健一さん。

 

文・写真/笹木博幸

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ