田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 7月号

6月3日(木)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【物件情報】岡山県笠岡市の瀬戸内海が一望できる家

2021年5月号掲載

※掲載している物件は2021年3月上旬の情報です。すでに契約済みの場合があります。

空き家バンク物件情報はこちらをチェック→笠岡市空き家バンク

瀬戸内の恵みが身近に揃う、風情あふれる農地付き古民家

倉敷市や広島県福山市といった都市部と隣り合い、山陽自動車道で岡山空港へ約40分の笠岡市。

市域はそれほど広くなく、海辺から里山までどこに住んでも適度な利便性が享受できる。

(↑「海が目の前という立地と広い敷地が自慢の古民家です」と、笠岡市定住促進センターの藤井さん。)

物件データ

  • 岡山県笠岡市 450万円
  • 土地 166坪・550㎡
  • 延床 57坪・190㎡
  • 菜園 380坪
  • 家財処分費補助 最大15万円
  • 改修費補助 最大5万円 

田畑や山林付きの趣ある日本家屋

  • 間取り 7DK
  • 地目 宅地
  • 地勢 平坦地
  • 法令制限 都市計画区域内非線引き
  • 築年数 94年
  • トイレ 簡易水洗
  • 交通アクセス 山陽本線笠岡駅より約9.6km
  • 特徴 大島中にある木造瓦葺き2階建て。西側に幅約2mの舗装公道。普通車2台駐車可。田畑約380坪、山林約300坪付き。山陽自動車道笠岡ICへ約12.5km。笠岡市の中心部へ車で15分圏内。

お問い合わせ:定住促進センター ☎0865-69-2377

補修にかかる費用

トイレの水洗化…100万~200万円

離れの解体…約160万円(改修する場合はそれ以上要する可能性あり)

そのほか浴槽の交換や一部たわみのある床の補修がベター。

地域でかかる費用

自治会費…年7000円

参加したほうがよい行事

春に天神社の清掃、秋に山王社(河神社)の清掃。

年1回、1カ月間のゴミ当番あり。

海の眺望を楽しみながら農業にも取り組める

(↑瀬戸内海に面し、干拓地として日本で2番目に大きい笠岡湾干拓地が広がる笠岡市は、カブトガニの繁殖地としても知られる港町。沖合には有人島7島を含む笠岡諸島を有する。新大阪駅から山陽新幹線・山陽本線で笠岡駅まで約1時間30分。)

(↑立派な床の間や書院を備えた10 畳の和室。このほか母屋1階には和室が計4室。)

JR笠岡駅周辺の市街地に大型商業施設や総合病院などの生活利便施設が集まる笠岡市は、ほんの少し郊外へ出るだけでのどかな空気に包まれる。

田園や里山の風景が彩る北部に対し、南部には穏やかな瀬戸内海が広がるが、なかでも漁業や農業が盛んな地域の1つが大島。

その沿岸を走る県道から50㍍ほど入った場所に、日本庭園が印象的な昭和初期の邸宅がゆったりとたたずんでいる。

(↑2階からは瀬戸内海が一望できる。目の前に建物がないため見晴らしがいい。)

「オススメは、目の前に海が望める景観のよさ。特に2階からの眺めが気持ちいいですよ」そう説明するのは、定住促進センターの藤井亜弥(ふじいあや)さん。

2階建ての母屋には10畳の部屋と合わせて和室が5室あり、大家族での暮らしや大勢の来客にも充分に対応できる。

内装は木製建具が連なる長い縁側など、古民家らしい和の風情を保つ。

3年ほど空き家になっているとはいうものの、全体的に建物の状態としても悪くはない。

難点は離れで、2階の屋根裏倉庫の雨漏りは応急処置をしてあるのみ。

和室と洋室がある1階には荷物も山積し、手を入れて使う場合、かなりの労力と予算が必要だろう。

「建物以外のポイントでいうと、田畑7カ所と山林1カ所が付いているので、農業などに興味がある方には最適でしょう。笠岡市では、空き家バンク物件とセットの農地であれば売買の制約はありません」と、藤井さん。

農業だけでなく、すぐそばの海での釣り、車で10分ほどの御嶽山(みたけさん)でのハイキング、笠岡諸島へ足を延ばしてのマリンスポーツなど、さまざまな趣味を満喫できる環境が周囲に整っている。

(↑畳敷きのホールを備えた昔ながらの玄関。天井が高く、ゆとりが感じられる。)

(↑IHクッキングヒーターが置かれたキッチン。 傷みが見られる床は補修したほうが気持ちよく使えそう。)

(↑徒歩約1分の場所をはじめ計7カ所の田畑と、山林1カ所が付いている。)

(↑物件から800mほどの大島美の浜漁協では、朝8時から新鮮な魚介類を安価で販売。)

笠岡市オススメスポット&グルメ

海・山・里の恵みが満載

(↑ナノハナ、ポピー、ヒマワリ、コスモスなどの花畑と化す笠岡湾干拓地。道の駅 「笠岡ベイファーム」を併設。)

「笠岡市の一番の特徴は、比較的コンパクトな市域に海と山と市街地がバランスよくあることです」と藤井さん。

笠岡諸島をはじめとする瀬戸内海の美しい景観、四季折々の花が彩る広大な笠岡湾干拓地など、豊かな自然を体感できるスポットが身近に数多い。

干拓地で育てられる野菜、特産のシャコや牡蠣はもちろん、ご当地グルメの笠岡ラーメンも人気。

(↑御嶽山は瀬戸内海の展望スポット。笠岡諸島のほか、天気がよければ四国まで見通せる。)

オススメのグルメ 笠岡ラーメン

(↑しょう油を利かせた鶏ガラスープと、鶏チャーシューのトッピングが特徴の笠岡ラーメンは、市民に親しまれるソウルフード。)

笠岡市移住支援情報

最長60日間のお試し住宅

(↑市職員の集合住宅を活用したお試し住宅。2LDKで現代的な設備が整っている。)

笠岡市への移住やリモートワークなどによる多拠点生活を検討している人向けに、実際の暮らしの体験ができるお試し住宅を用意している。

申し込みは1泊から最長30日間までで、1泊につき2000円。

延長を希望すれば最長60日間の滞在が可能だ。

基本的な家具・家電、布団4組、無料Wi-Fiなどを完備している。

オーダーメイド型ツアーやオンライン相談も受け付けています!

お問い合わせ:定住促進センター ☎0865-69-2377 http://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/teijyuu

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ