田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 11月号

10月1日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

女子キャンプ!「さばいどる かほなん」の超かっこいいタープは予算1500円以下!

2020年8月号別冊付録『自分の山で女子キャンプ!』より

サバイバル能力がすごいかほなん。キャンプで必要な道具も、どんどん現場調達してしまう。必要最低限のローコスト素材で設営するタープは、シンプルで風景に馴染み、超かっこいい!

さばいどる かほなん
岐阜県出身。アイドルとして活動しながら、YouTubeで「さばいどるチャンネル」を配信。ソロキャンプ、アウトドア料理、釣り、登山などさまざまなテーマにチャレンジしている。狩猟免許(わな猟)や第四級アマチュア無線技士の免許を取得。近年、山林を購入したことでも話題となった。将来は、無人島で生活をすることが夢。そこで生き抜くため、現在は自然を満喫しながらスキルを磨いている最中。その夢の第一歩として、2020年春には車両系建設機械3t以上の運転資格も取得した。

 

キャンプに便利さは求めません。
ポールやペグも山で調達!

 キャンプにはロマンを求めています。ブッシュクラフトも、「やたらカッコいいな〜」と思って、試しに始めてみたのがきっかけ。ロマンを求めて動いた結果、今みたいなキャンプに行き着きました。

 そんなわけで、今日は自然のものを使った、ネイチャーな遊びを楽しみます。現地で道具を調達すれば、ものを少なくしてキャンプを楽しめるんですよ。デイキャンプならテントでなくてタープで充分。ビニールシートとロープを組み合わせれば安価で済みます。ポール(支柱)とペグは、その辺に落ちている木を削って代用できます。キャンプでは便利さを求めません。それに、こういう木を削る時間って、楽しいんです。

山から拾ってきた木を、タープを張るためのペグに。木はできるだけ真っすぐなものを選ぶのがポイントです。節や皮は、ペグにするのに邪魔なのでナイフで表面を削り、さらに先をとがらせていきます。このとき、ある程度重みのあるナイフを使うと、女子の力でも、楽に切り落としていけますよ。

タープ設営の道具

【ペグ】できるだけ真っすぐな木を拾ってきて、タープを張るためのペグとして活用。タープの穴に差すペグには細めの木を、ロープを地面に止めるペグには太めの木を選びます。

【ハンマー】山で拾ってきた太めの木の先端を切り、打面をつくれば立派なハンマーに。

【ビニールシート】ホームセンターで購入したもので、1000円しないくらいだったと思います。ネイチャーを意識して深緑色を選びました。ソロキャンプなので、サイズは1.8×2.7mを使用。

【ロープ】専用のものは高価だし、汚れると悲しくなるので、ロープもホームセンターで購入しました。タープを張る際は、太いほうを使います。細いほうはトライポッドに。

【ポール】タープを支えるポールも山で調達。こちらもできるだけ真っすぐしっかりしたものを2本選びます。

ポール用の木はノコギリで切って2本の長さを揃えます。長さは人が中に入れるくらいが目安。先端も加工します(【4】参照)。

タープ設営の手順

【1】タープを張るときはできるだけ平らな場所を選んで、風向きもできるだけ気にして。タープの背側で風を受けるように張ると安定しますよ。ペグは地面に向かって斜めに打ち込みます。

【2】もう一方の背側にもペグを打ち込みます。タープにしっかりテンションをかけていきます。

【3】ポールの先端にかけられるよう、ロープの先端は輪にしておきます。

【4】タープのトップの穴にポールを差し込み、タープを立ち上げます。ポールの先端にロープの輪をかけます。ポールに使う木は先端を削り、タープの穴やロープが引っかかるよう加工しておきます。

【5】タープの対角線上にペグを打ち、ロープの長さを調節します。ここから万力結び(南京結び、トラッカーズ・ヒッチ)で、ロープにテンションをかけていきます。滑車の原理でテンションを調節できるロープワークで、キャンプで何かと便利です。

ここから憧れ(?)の「万力結び」! 

【6】まず、ロープで小さな輪をつくります。

【7】その輪を3回ほどねじります。

【8】輪の中に、ペグ側のロープを連れてきます。

【9】連れてきたロープを引き出します。

【10】タープ側のロープの結び目を手前に引いて絞ると、輪ができます。

【11】輪の中に、ペグ側のロープを連れてきます。

【12】連れてきたロープを輪から引っ張り出します。

【13】結び目を保持しながら、ロープをさらに引っ張って輪を大きくします。

【14】輪をペグに引っかけます。先端側のロープを引くと、軽い力でテンションをかけることができます。

【15】先端側のロープをペグに回します。

【16】先端側のロープをペグに巻き付けます。

【17】テンションがかかっているロープの上で、輪をつくります。

【18】輪の中に、先端側のロープを通します。

【19】結び目を引き締めて固めます。ロープの先端を持って引くと簡単にほどけます。

【20】反対側も同様にポールを立てましょう。

【21】タープが完成しました。今回は一番シンプルな設営方法を紹介しました。さらに大きなビニールシートを使えば、三角状などにも張れます。応用してみてください。

 

【関連動画】

女子キャンプ! 「さばいどる かほなん」に「デイキャンプの道具選び」を聞いてみた
https://inaka.tkj.jp/archives/5908/

女子キャンプ!「さばいどる かほなん」がロマンを感じる「火おこし」の作法
https://inaka.tkj.jp/archives/5986/

ブッシュクラフト!「さばいどる かほなん」のトライポッドでキャンプ料理の腕前アップ
https://inaka.tkj.jp/archives/6048/

肉も魚も!「さばいどる かほなん」のワイルド&絶品キャンプ料理
https://inaka.tkj.jp/archives/6137/

 

さばいどるチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCkBumoHmZDz9qylSIXg3jXg

さばいどる公式サイト
http://survidol.com

Twitter
https://twitter.com/survidol_kaho

Instagram
https://www.instagram.com/survidol_kaho/

YAMAP
https://yamap.com/users/779198

 

文/横澤寛子 写真/鈴木千佳

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ