田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 10月号

9月3日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

20万円の高原別荘。緑風爽やかな2つのデッキが気分最高!【長野県茅野市】

掲載:2021年8月号

2021年6月上旬の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!→(株)リライト

白樺湖(しらかばこ)・車山(くるまやま)エリアにほど近い高原別荘地。そこには爽やかな風が吹き抜ける、木の家があった。

周囲の木々は落葉樹。「デッキから眺める秋の紅葉も素晴らしいです」と所有者代理人の藤崎さん。

標高1925mの車山高原山頂にある、展望テラス。

 

爽やかな風が通り抜ける、緑のなかの木造平屋物件

 茅野駅から北東へ車で約25分。 白樺湖へ向かう国道152号を脇に入ると、高原別荘地「緑の村」の管理事務所がある。入り口付近にも別荘が点在しているが、坂道を車で上っていくと、 この物件にたどり着く。木々の中にある別荘は10年ほど利用されておらず、玄関に向かうアプローチは整備する必要がある。しかし、外壁や内装に天然木をふんだんに使った建物は湿気を感じさせず、床のたわみが少ない。 窓が各所にあり、開ければ 爽やかな風が通り抜けていく。斜面を利用して建てられているため、ウッドデッキも段違いに2カ所あり、人目を気にせずくつろげるのもいい。

「木々に囲まれて飲むビールやコーヒーは爽快です。ここでくつろいでいると、シカを目撃することもあったとか。秋は紅葉も素晴らしいです」

 とは、所有者代理人の藤崎さん。デッキは比較的腐食は少ないが、心配であれば、入居時に張り直しを。また、ダイニングキッチンには煙突式の灯油ストーブが設置されている。朝晩冷え込むこの地域では、真夏以外はほぼ一年中ストーブが必需品で、パワーがある煙突式ストーブは大いに役立ちそうだ。

 周辺環境に恵まれているのも魅力。所有者は短期滞在時に近隣の女神湖や長門牧場などを訪れ、ロングステイの際は、上高地(かみこうち)や諏訪(すわ)、善光寺(ぜんこうじ)などを巡ったこともあるという。季節によってさまざまな楽しみがある。

構造は木造ルーフィング葺き平屋だが、斜面を生かしているため 、部屋 は段違いに位置している。広いデッキに行くには階段を下りる必要がある。

【物件データ】

長野県茅野市

借地権

20万円

土地:331坪・1096㎡

延床:15坪・50㎡

●2DK●原野●傾斜地●都市計画区域内非線引き●築38年●水洗●中央本線茅野駅より約16.6km●別荘地から車で20分圏内にゴルフ場、スキー場、テニスコートがあるので、アクティブな人向き。借地料3万6168円(年額)、名義変更料2万円が必要。駐車場なし(築造可)。
●問い合わせ先:(株)リライト ☎︎045-620-8659

高窓からの採光で明るいダイニングキッチンには、煙突式の灯油ストーブが設置されている。

物件の上側に位置する和室。押し入れがあるので、収納に困らない。

基本的に残置物がある状態での引き渡し。キッチンには冷蔵庫やガスコンロなどもあるが、使用できるかは要確認。

浴室はバランス釜。事前チェックをして使えれば問題ないが、気になる人はリフォームを。

洗面所には洗濯機や灯油、スキー板を置くスペースもある。

壁に水染みの痕跡が見られる。屋根や外壁の継ぎ目を確認し、コーキングなどを施す必要がある。

物件から車で約15分の「たてしな自由農園」。八ヶ岳山麓で穫れた野菜や果物、加工品、パンを販売。

 

茅野市高原グルメをつくってみよう!「セロリとコーンの春巻き」

 

材料(6本分

春巻きの皮...6枚

セロリ...1本

トウモロコシ...1本

ツナ水煮缶...1缶(約60g)

マヨネーズ...大さじ2

塩...少々

コショウ...少々

薄力粉...小さじ1/2

水...適量

揚げ油...適量

 

つくり方

❶ セロリの茎はみじん切りに、葉はざく切りに。軽く塩を振り、しんなりしたら軽く水分を切る。

❷ トウモロコシの実を包丁で削ぐ。

❸ ツナ水煮缶の水気をよく切る。

❹ ①・②・③にマヨネーズとコショウを加えて混ぜ、6等分する。

❺ ④を春巻きの皮で包み、水で溶いた薄力粉でとめて、180°Cに熱した油できつね色になるまで揚げる。

【茅野市の高原野菜の取り寄せ】 

たてしな自由農園 ☎0266-75-5510 https://www.tateshina-shop.com

 

【担当者に聞く!】茅野市オススメスポット&グルメ

写真映えスポットとして近年注目されているのが御射鹿池(みしゃかいけ)。水面に周囲の景色が映り込んだ様は、東山魁夷(ひがしやまかいい)の絵画のモチーフになったといわれている。じつはこちら、八ヶ岳の冷たい水を日光で温めてから田んぼなどに供給する農業用ため池というから驚きである。そんな八ヶ岳の水で育った米や野菜のおいしさは格別だ。

標高約1500mの山中にある御射鹿池。 天候条件が合えば、鏡のような水面に風景が逆さに映り込み、絵画のような光景に。

セロリは全国1位の生産量。たてしな自由農園では、都会ではめったにお目にかかれない株売りをしている。レタスやトマト、ブロッコリー、赤いルバーブも評判。

【茅野市移住支援情報】オンライン移住相談受け付け中

Zoomまたはスカイプを活用したオンライン相談を受け付け中。茅野市の紹介をはじめ、移住してどのような暮らしをイメージしているかをヒアリングしたうえで、具体的な相談に対応してくれる。事前予約制。当日スムーズに情報を得られるように、ホームページの問い合わせフォームに家族構成や相談内容などを記載して申し込もう。

●問い合わせ先:地域創生課 ☎0266-72-2101 https://rakuc.net

「親切・ていねいを心がけ、対応しています。お気軽にお問い合わせください」と、地域創生課 百瀬博道さん。

 

文/横澤寛子 写真/村松弘敏

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ