田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 11月号

10月1日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

住居、別荘、話題のサウナも!【最新ログハウス4選】

掲載:2021年9月号
2021年7月末時点の情報です

今やログハウスは、かつての別荘や丸太小屋というイメージとは一変。快適な住まいとして、誰もが実現できる家になりました。展示場に行けば、その暮らしを体験することも! 今こそほしい、そんなすてきなログハウスを集めました

BESS G-LOG なつ(SEKKA セッカ

頂点が太く軒下が細い、矢の先のようなデザインと個性的な束飾りが切妻屋根の存在感を強調。

楽しみを広げる空中軒下の大空間「NIDO(ニド)

大きな三角屋根がつくるロフトからベランダに続く大空間が特徴。日本文化の軒下をお手本にした、家の外でも内でもない“超ベランダ空間”は楽しみ方も自由自在。BESSでは、木の家の暮らしを体験できる単独展示場LOGWAY(ログウェイ)を全国40カ所で展開。実際にBESSの家で暮らす先輩から、リアルな話を聞くこともできる。

●材工一式標準価格/2313万3000円(税込・建設地域によって異なる)

 ※木材価格の高騰により価格改定予定(詳しくはお問い合わせください)

●面積/1階52.99㎡、2階46.37㎡、デッキ1階・2階各14.56㎡

●主要材/国産スギ

●主要材のサイズ/マシンカット角ログ113㎜×180㎜

●施工可能エリア/全国(沖縄県、離島、一部条件除く)

お問い合わせ :BESS  ☎03-3462-7000

 

㈱TALOインターナショナル GROOVE FLAT グルーヴ フラット

内装だけ、塗装だけなどのハーフビルドもOK。自分好みのカラーに仕上げるのも楽しい。

セルフビルドもできる高品質ログハウス

セルフビルドにも挑戦しやすいコンパクトな2LDKの平屋モデルで、家にいながら外の自然を楽しめるウッドデッキ付き。このほか、ユーザーの好みに合わせたアレンジプランを用意。2階までログを積み上げる総ログ仕様で、自宅から別荘まで幅広く対応。

●キット価格/756万円 ※材工一式参考価格1694万円~(価格はいずれも税込)

●面積/1階54.22㎡、デッキ10.57㎡

●主要材/フィンランドパイン

● 主要材のサイズ/マシンカットラミネートログ112㎜×192㎜

●施工可能エリア/全国(一部離島を除く)

 お問い合わせ:TALOインターナショナル  ☎03-5494-5922

 

㈱ホンカ・ジャパン POIJU ポイユ

ログもサウナも本場のフィンランド。高品質な天然木を同国の自社工場でプレカットしている。

宿泊できる本格的なログハウスサウナ

世界50カ国以上で約8万5000棟の実績を持つフィンランドのログメーカー。本場フィンランドのサウナコテージを日本仕様にアレンジしたPOIJUはミニマムなリビングとキッチンに加え、ベッドも置ける間取りで宿泊も可能。好きなときにサウナに入って、気持ちよく“整いたい”サウナーに強くオススメ。

●材工一式標準価格/約1320万円(税込)

●面積/1階29.7㎡、デッキ9.6㎡

●主要材/欧州アカマツ

●主要材のサイズ/マシンカットラミネート角ログ112㎜×180㎜

●施工可能エリア/全国(離島を除く)

お問い合わせ:㈱ホンカ・ジャパン ☎︎042-548-4169

 

ランタサルミ REUNA レウナ

吹き抜けリビングの隣に主寝室を設け、生活の動線をスムーズにした室内設計。

大きな窓が明るく開放的な空間を創出

完全自由設計の高品質・高付加価値ブランドを展開する北欧注文住宅メーカー。REUNAは片流れの屋根形状がシャープな印象の外観デザイン。緩やかな傾斜天井が広がりをもたらす吹き抜けや、陽光に包まれたロフト・サンルームが豊かな時間を生み出す。軽井沢モデルハウスでは、事前予約のうえ見学の案内を行っている。

●材工一式標準価格/3520万円(税込・建設地域によって異なる)

●面積/1階72.2㎡、2階40.98㎡

●主要材/フィンランドパイン

●主要材のサイズ/マシンカットラミネート角ログ134㎜×180㎜

●施工可能エリア/全国(一部離島を除く)

お問い合わせ:㈱ゲストハウス ☎03-5282-3422  ✉info@gh-archi.com

 

※掲載している情報は2021年7月末時点のものです。
※為替の変動などにより価格が変更になる場合があります。
※詳細は問い合わせ先にご確認ください。

文/和田義弥

 

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ