田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 11月号

10月1日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

2021年10月

NEW

宮崎でサーフィン&農業! 60歳を前にして理想の暮らしを実現【宮崎県日向市】 

首都圏の暮らしにストレスを感じ、宮崎県日向市の海辺へ移住した横倉さん。趣味のサーフィンの楽園で農業に就き、新生活へスムーズにテイクオフした。 都会のデスクワーク…

NEW

カール・ベンクスの古民家がある集落に、遊びに来ませんか?【新潟県上越市下牧集落】

戸数5軒の新潟県上越市柿崎区下牧集落に建てられた館。それは古民家再生に実績のあるドイツ人建築家、カール・ベンクス氏の作品だ。その建設には「移住者を呼び込みたい」…

NEW

焚き火ギア4点/簡単&便利! キャンプでつくると、尊敬の眼差し!?

長さや形のいい自然木を見つけたら、焚き火ギアをつくってみよう。ナイフやロープなどがあれば、現場ですぐにつくれるものばかりだ。焚き火が楽しくなること、間違いなし!…

NEW

ハクサイ&トウガラシ/おいしく食べきる!菜園レシピ【第19回】

掲載:2021年10月号 晩秋にまとめて収穫し、春先まで保存できるハクサイ。新聞紙に包み、箱に並べたハクサイは、「今年の冬も大丈夫」という安心感をもたらします。…

NEW

ハクサイ&トウガラシ/自然菜園で育てるキッチンガーデン【第19回】

掲載:2021年10月号 しっかり巻いたハクサイを夏野菜の株間で育てる 1玉で食べ応えがあり、冬には保存もできるハクサイは、収穫がひときわうれしい野菜です。玉を…

NEW

伝統の編組み細工にひかれて山里へ。地域になじみ、山に入り、腕を磨く【福島県三島町】

掲載:2021年10月号 工人(こうじん)と呼ばれる人たちが雪深い冬の仕事として継承し、国の伝統工芸品にも指定されている三島町の奥会津編み組(あみくみ)細工。こ…

NEW

炭焼き、かごづくり、農業、マタギ猟――雪国の恵みを活かし、生かされて【山形県小国町】

掲載:2021年10月号 炭焼きなどを手がける柳沢悟さん、かご作家の熊谷茜さん夫妻はともに首都圏の出身。山形で出会って結婚し、作業小屋を意味する「kegoya(…

大学を出てマタギに入門。森で生きる知恵を体得して生き物たちとタメを張る!【秋田県北秋田市】

掲載:2021年10月号 森吉山(もりよしざん)をはじめとする奥羽山系の山々が連なり、面積の大半を森林が占める北秋田市。なかでも特に山深い阿仁(あに)地区は、集…

短い丸太1本で焚き火を楽しむ! 簡単&豪快なスウェディッシュトーチ

スウェディッシュトーチは、丸太に複数の切れ目を入れて燃やす豪快な焚き火のこと。切れ目から丸太の内側に空気が入り、また熱が閉じ込められるので、燃焼の3要素(可燃物…

人にはどれほどの金がいるか~年金と老後2000万円問題を考えながら~/自給自足を夢見て脱サラ農家36年(9)【千葉県八街市】

中村顕治  皆さんもご存知、ロシアの文豪、レフ・トルストイの民話に「人にはどれほどの土地がいるか」というのがある。今回のタイトルはそれをもじったものである。そし…