田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 11月号

10月1日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

定年後田舎暮らし

定年後に千葉から豪雪地帯の山里へ。夫婦で営むホーリーバジル農園【福井県池田町】

掲載:2021年8月号 千葉県の施設で無農薬のホーリーバジルを栽培していた男性が定年後、不思議な縁で福井県へ夫婦で移住。ハーブティーを中心に製造販売しながら、5…

定年後に菜園生活を実現! 食の宝庫で農家民宿を開く【広島県世羅町】

掲載:2021年7月号 野菜や果物はもちろん、畜産物からワインまでさまざまな食の宝庫として名高い広島県世羅町。駅伝のまちとしても有名だ。観光にも力を入れてお…

PR

菜園、仕事、子育ても充実! 親子孫で小さな村に移住した理由【熊本県五木村】

掲載:2021年8月号 世界的に有名なカルデラを持つ阿蘇や干潟で有名な有明海など、山あり海ありの熊本県。豊かな名水や温泉、新鮮な食材、そしてそこに住む人たちも熊…

定年後に買った小さな田舎家。庭いじり、菜園、陶芸、夢見た暮らし【長野県青木村】

掲載:2021年7月号 陶芸と温泉を楽しみに、長野県に通った竹部宏さん。定年後は東信エリアの小さな村に居心地のよい住まいを見つけ、庭いじりや畑、そして自然のなか…

定年目前で退職し、小さな映画館で笑顔を届ける【大分県豊後高田市】

掲載:2020年11月号 5年前、定年退職目前に会社を辞めて、横浜市から豊後高田市に移住した市川さん夫妻。小さな映画館の館長として、地元シニアに笑いと涙を届けよ…

山里の古民家で水石ギャラリーを営む二拠点生活【群馬県下仁田町】

掲載:2021年5月号 若いころから川や山で石を集めるのが好きで、いつしか水石の世界に魅了された神奈川県出身の柚木泰夫さん。下仁田町の中山間地域に立つ築100年…

趣味の小屋から住宅まで! 自分でつくれる木のおうち「キットハウス」で 家を建てる

2020年5月号掲載 家を建てるための材料がパッケージされたキットハウスは、自分で家を建てるセルフビルドに挑戦するにはもってこい。定年後にゼロから1人で終の棲家…