田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 10月号

9月2日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

人気移住地・佐渡島の7DKが300万円/雪が少なく「意外と便利」!【新潟県佐渡市】

掲載:2022年8月号

2022年6月上旬の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!佐渡島の空き家(賃貸・売買)情報

佐渡島(さどがしま)は日本海側最大の離島。寒い印象を持たれることが多いが、じつは新潟本土より積雪が少ない。移住先としても人気の佐渡市の空き家バンクから注目物件を紹介しよう。

佐渡ヶ島の一周は約280km、面積は東京23区の1.4倍。本州最大の広い島に、6万人弱の人々がゆったり暮らしている。 出典:新潟県佐渡市公式ホームページ

佐渡市の人口は約5万1000人。対馬(つしま)暖流の影響で、冬は新潟本土より暖かく、雪は少ない。新鮮な魚介類、豊富な農産物に恵まれ、約480羽の野生のトキが島内を飛び回るほど自然豊か。一方で、総合病院や教育環境、生活利便施設が整っているのが魅力。移住者も多く、2020年度は504名の移住者を受け入れた。1つデメリットを挙げるなら、鉄道がないという点。自家用車は必須だ。

 

海岸道路近くの畑、山林付き物件

駐車スペース、庭、畑、山林あり。多少の補修で住める物件だ。

【物件データ】
新潟県佐渡市
300万円
土地:141坪・466㎡
延床:42坪・141㎡
改修費補助:最大80万円
家財処分費補助:最大20万円

●7DK●宅地●平坦地●都市計画区域外●築年数不明●水洗●佐渡汽船両津港より約49.6km●築年数は不明だが、1976年に増築しており、2015年までは貸家として利用されていた。多少の補修が必要。駐車スペース、庭、畑、山林あり。スーパーへ約300m、バス停へ約100m、保育園へ約1.1km、小・中学校へ約3.3km。
●問い合わせ先:移住交流推進課 ☎0259-67-7153

1階に6室、2階に1室。1階は大広間を囲むように和室がレイアウトされている。

キッチンは収納が多く、使い勝手がよさそう。

【新潟県佐渡市の魅力】
四季の変化に富んだ自然豊かな島

佐渡島へは、東京から最短3時間30分で到着できる島。島を一周できる海岸道路が整備されており、周辺に風情ある町並みが広がる。島の中心部には、コンビニ、ホームセンターやドラッグストア、書店、ファストフード店があり、「意外と便利」と移住者から好評。

【入崎(にゅうざき)海水浴場】約1kmの砂利浜が続く海水浴場。背後に入川(にゅうがわ)渓谷がせまる自然環境、海水の透明度の高さが魅力で、岩場もあるため磯釣りのポイントでもある。隣にはキャンプ場も。

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ