田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 10月号

9月2日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

畑は約76坪! 平屋の古民家250万円/自然豊かで大阪・神戸にアクセス良好【兵庫県佐用町】

掲載:2022年9月号

2022年7月上旬の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!佐用にきて~な

兵庫県佐用町(さようちょう)の自然は美しい。ホタルやメダカが生息する自然環境、山肌に連なる棚田、満天の星に都会の喧騒を忘れる。それでいて大阪、神戸、鳥取、岡山への交通アクセスが良好だ。そんな佐用町から、約76坪の畑付き平屋の農家住宅を紹介しよう。

本州最大級のヒマワリ畑が美しく、「ひまわりの郷」とも呼ばれる佐用町。自然豊かな地域で、夏は約70万本が咲きこぼれる「南光ひまわり祭り」が有名。毎年見ごろは7月中旬。

古民家の農家住宅。付属屋はゲストルームに最適

 昭和初期の農家住宅で、静かな農村地域にある。付属屋がⅬ字につながっている古民家だ。広い畑は菜園づくりに興味がある人にぴったり。駐車するには庭部分の工事が必要となる。

 官民挙げて移住を応援する佐用町では、合同会社「佐用鹿青年部」が移住希望者の案内を担っている。滞在型体験事業「佐用にきてーな」では、佐用鹿青年部が利用者のニーズに応じて、空き家・商業施設などの見学、各種体験、先輩移住者との交流などを、個別にプランニングしてくれる。宿泊費も無料だ。また40歳以下の人が空き家バンク登録物件を取得した場合に、補助金が出る制度がある。

きれいに管理された庭も魅力。隣の広々とした畑で野菜づくりや果樹栽培が楽しめる。

物置と土蔵が2棟付属する。

【物件データ】
兵庫県佐用町
250万円
土地:131坪・433㎡
延床:30坪・102㎡
菜園:76坪・251㎡
取得費補助:最大30万円

●5DK●宅地、畑●平坦地●都市計画区域外●築84年●水洗トイレ●姫新線三日月駅より車で約5分●佐用町南部の静かな農村地域に立つ、日当たり良好な昭和初期の農家住宅。付属家屋がL字でつながっている。廃屋に近い物置と土蔵が2棟あり。約76坪の畑があり、家庭菜園が楽しめる。土砂災害警戒区域、崩壊土砂流出危険区域。
●問い合わせ先:商工観光課 ☎0790-82-0670

8帖の広い玄関を入ると左に8帖の和室が2部屋続く。玄関の正面が5帖の台所となっている。

古民家ならではの趣のある木襖。長押(なげし、和室の壁面を囲む化粧部材)も雰囲気がある。

3.5帖、4.5帖、4.5帖と和室が3部屋続く。

付属屋は和室6帖でトイレ、洗面所が付くため、ゲストルームに最適。

光がしっかり入る明るいキッチン。

【兵庫県佐用町の魅力】
交通アクセス良好。観光、レジャー、地元グルメも楽しめる

 大阪、神戸、鳥取、岡山への交通アクセスが良好な佐用町。日本の名水百選に選ばれている清流千種川(ちくさがわ)はアユ釣りの太公望で賑わい、川沿いのキャンプ場も人気だ。宿場町・平福(ひらふく)の町並み、霧の上に浮かんぶ雲突城(くもつきじょう)こと利神城(りかんじょう)、子ども歌舞伎などの文化遺産も、温かい郷土愛で守られている。その一方で、町の南部にある播磨科学公園都市には、研究機関として世界最高性能の放射光施設SPring-8があり、兵庫県立西はりま天文台には、公開用としては世界最大の2m反射望遠鏡「なゆた」がある。佐用町名物のホルモン焼うどんも美味。

南光自然観察村(キャンプ場)の連棟コテージ。施設内にはサウナもあり人気だ。(事前予約が必要)

「ホルモン焼うどん」は、店ごとに違う味の“つけダレ”が楽しめる鉄板料理。

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ