田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 10月号

9月2日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【前回の結果】2021年版「住みたい田舎」ベストランキングを発表します!【東日本編】

 

北陸エリア【新潟・富山・石川・福井】

★は人口10万人以上の市 ※順位は点数順です。ここでは、小数第3位以下を切り捨てて表示しています。

今年、12エリア別の平均点で、1位となった北陸エリア。移住・定住への取り組みが充実していて、全体的に総合部門の点数の高いところが多いようです。新たに15位内に入った自治体も多いなか、北陸エリアで連続して1位となっている富山県南砺市を注目として紹介します。

 

【注目】
富山県南砺市(なんとし)

移住応援団を設立。安心して暮らせる環境をつくる

富山県の南西端に位置し、南部には1000~1800m級の山岳に面している南砺市。五箇山合掌造り集落や、水田地帯に美しい散居村が広がり、独特な里山風景と豊かな自然が形成されています。転入奨励金など住まいに関する支援金や子育て支援が手厚くなっています。また移住体験施設も2棟あり、南砺市での暮らしが体験できるほか、滞在中は移住コーディネーターが相談や案内に対応しています。2020年には、移住希望者を支援する市民団体「なんとおせっ会 移住応援団」が設立され、物件案内や仕事紹介などに加え、移住者交流会の開催など移住後のフォローも行い、移住者が安心して暮らせる環境をつくっています。
問 南砺で暮らしません課 
☎0763-23-2037
https://www.kurashi.city.nanto.toyama.jp/

南砺市の暮らしを体験できる「太美山(ふとみやま)体験ハウス」。

水田のなかに、約7000もの家と屋敷林が点在する散居村。

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ